高級注文住宅はどこに頼むのが正解?!業者選びのポイントを紹介!


営業担当者は会社の顔!

どの業者も、マイホーム建築の窓口になるのは営業担当者です。そして、一生に一度とも言える高級住宅の建築にあたっては、窓口である営業担当者とは長期間関わることになります。しかも、企業の窓口である営業担当者のスキルは、その企業の質に直結することが多いです。また、担当者とコミュニケーションがうまく取れないと、こちらの要望を正確に理解してもらえないかもしれません。希望しているものと違う提案が出てきたら、やり直す手間が生じ、マイホームの完成が遠のいてしまいます。

さらに、担当者のスキルの良し悪しとは別に、自分たちと相性が良くないと感じたなら、その地点で依頼はやめておきましょう。相性の良い信頼できる営業担当者がいる企業かどうか。その点を、最初の見極めポイントにするのがおすすめです。

役割が細分化されている方がサービスがきめ細やか?!

高級住宅の購入の窓口になるのは、営業担当者です。ただ、家の出来は、担当設計士のスキルによっても大きく変わってきます。また、インテリアに関しては、その道のプロであるインテリアコーディネーターの人がいれば、より一層専門的な知識を持っています。さらに、設計監理者もいる企業にお願いすれば、それぞれの専門性を活かしてもらえる分だけ満足度の高い家に仕上げてもらえる可能性が高いです。つまり、営業担当者や設計士に加えて、インテリアコーディネーターや設計監理者などの体制がどのようになっているかも業者選びの重要なチェックポイントです。細かい部分にまでこだわりたいなら、役割が細分化されている業者を選ぶのがおすすめです。

高級住宅とは一般に、広くてモダンな空間、オリジナリティ溢れるインテリア、リゾート風な建築等を思い浮かべます。明確な定義というより、重要なのは素材、間取り、内装外装等への「創造的なこだわり」です。