地域ならではの特徴を考える!北国の賃貸物件選びの注意点


積雪による生活への影響

東北や北海道などの北国で賃貸物件を探す場合に考慮すべき点の一つに積雪の影響があります。賃貸物件は同じ間取りでも上層階に行くほど家賃が高くなるのが一般的です。これは高い位置ほど空き巣などの被害に遭う確率が低く、窓からの眺望が良くなることが主な理由に挙げられます。そのため、少しでも月々の出費を抑えるために1階を選ぶ人は少なくありません。雪が多い北国では安易に1階を選んでしまうと積雪の影響で窓が開けられなくなるなど生活に影響が出ることもあります。平均降雪量などを調べた上で判断をすることが大切です。

勤務地や学校までの所要時間

北国では自宅から勤務地や通っている学校までの所要時間が夏場と冬場で大きく異なります。他の地域よりも積雪量が多い北国では雪の影響で車線が減少するケースも珍しくありません。本来2車線の道路が1車線になれば必然的に通勤時間の道路は渋滞します。加えてアイスバーンによるスリップ事故を起こさないように通常よりも遅いスピードで走行するのでさらに時間が掛かるのは避けられません。同じ目的地なのに夏場の倍近く掛かったという事例もあります。電車も同様に遅延が起こりやすくなるので冬場の移動を基準に無理なく通える所を選ばなくてはいけません。

水道管の破裂を予防する水抜き

冬の気温が氷点下になることも多い北国では水抜きという作業が必要になります。水抜きとは文字通り凍結による破裂を防ぐために水道管の中に残っている水を抜く作業です。冬場は就寝前の日課になるので手間と時間の掛からない物件を選ぶとストレスの溜まらない生活を送れます。

釧路には大学があるため学生が多く在住しており、釧路の賃貸は大学周辺にも豊富にあります。賃貸価格はピンキリでリーズナブルな賃貸もあります。